内臓脂肪を落とす食事とは?

内臓脂肪を落とす食事には、食べ方にも問題がありそうです。
運動をしているのに健康診断などで体脂肪率の数値が高い場合は、内臓脂肪を減らすことで体脂肪も減少していきます。

 

オメガ3脂肪酸と呼ばれるDHAやEPAを食事の時に積極的に摂るだけでも、内臓脂肪は落とすことが可能です。
また仕事の関係などで夕食が遅くなり、9時以降になってしまうとビーマル1というエネルギーを溜め込む遺伝子の働きが活発になってしまい、これが内臓に脂肪が溜まる原因となります。

 

内臓脂肪を落とす食事の内容として、天ぷらやから揚げなどの油を使った料理は、1週間から10日の間隔を空けて食べるようにしましょう。
内容が寂しくならないように、汁物や酢の物の小鉢、野菜が摂れる糠付けなどを活用してください。
落とす体重の目安としては、思春期の頃を基準としてみましょう。

 

脂肪細胞の数はこの頃にほぼ決定していて、若い時に痩せていたのに現在太っているなら、脂肪細胞が脂を溜め込んでいる状態なのです。
そして単身の方がつい食べてしまう丼など、単品の食事を摂るのは早食いの元です。早食いをすると血糖値が急激に上昇して、内臓脂肪が付き易くなります。
ぜひ、海藻やきのこなどの食物繊維を一緒に摂りましょう。

 

 

内臓脂肪の落とし方は有酸素運動か筋トレ?

内臓脂肪の落とし方は、有酸素運動と筋トレが効果的です。人間の大敵である内臓脂肪は、歳をとるにつれ増加します。
いくら筋トレをしても、脂肪は落ちないのが現実です。何故なら有酸素運動が足りないからです。

 

脂肪を効率良く燃焼するには、脂肪を筋肉に変える必要があります。有酸素運動は、ジョギングをしたり日々の暮らしに工夫をすれば可能です。
階段を利用したり、近くを散歩したり、軽い運動で効果があります。その後、筋トレに入ります。
主なメニューは、腹筋とスクワットです。内臓脂肪の多くは、お腹に表れます。

 

この2つは、お腹の脂肪を燃焼しやすい落とし方になります。けれど、注意が必要です。
筋トレというのは、毎日行う必要はないです。重要なのは、筋肉の治癒と時間をかけることにあります。

 

運動はなるべくゆっくり行い、少ない回数で十分です。そして、2〜3日間隔を空けてトレーニングをします。
筋肉を休めることで、筋肥大を狙えます。継続して行えば、内臓脂肪は必ず落ちます。

 

筋トレのメニューは、必要に応じて変更しても良いです。自分に合った脂肪の落とし方なら、苦痛に感じないので続けられます。
いくつになっても、自分の体型は変えることが可能です。

 

 

内臓脂肪を落とす食べ物は何?

内臓脂肪は皮下脂肪と比べてつきやすい為、気が付いたらこんなに太っていた!というケースがちらほら。
つきやすい反面落としやすくもあるので、脂肪を落とす食べ物はどんなものがあるかピックアップしました。

 

・青魚や良質の油
これらには中性脂肪やコレステロールを抑える成分があるので、血液を綺麗にして血の巡りを良くする働きがあります。
何故なら血行が良くなれば体温・代謝が上がるので、内臓脂肪も燃えやすくなるので積極的に取り入れる事をオススメします。
ただし青魚・油ともに加熱すると成分が激減する為、極力火を通さない調理方で食べる事がポイントです。

 

・食物繊維が豊富な野菜
食物繊維は一緒に摂取した食べ物の脂肪を体の外へ出す効果があるので、体に脂肪をためこみにくくします。
必然的に食物繊維を積極的にとる事が内臓脂肪を落とす近道となります。
特にキャベツは不溶性の食物繊維が豊富なので、身体の中で膨れ上がり満腹感が得られます。キャベツ・レタスダイエットなる方法が存在するのもそのせいです。

 

・豆腐や豆乳
中性脂肪とコレステロールを抑えるので血液が綺麗になる、しかも低カロリー&高たんぱく質なので内臓脂肪を落とすだけでなく健康の面でも申し分ない食べ物です。
つまり、内臓脂肪は健康的な食生活を送る事により落とす事が出来るのです。

 

 

効果あるサプリメントや薬は何?

加齢・生活習慣の乱れと共に増えていく内臓脂肪。これを落とすには運動と食事療法が基本ですが、それ以外でも補えないか?という方にお勧めするサプリメント・薬のご紹介です。
まず、薬とサプリメントは用途や使用目的が違います。どちらも内臓脂肪を落とす手助けをするという点は同じですが本来は

 

・サプリメント→あくまで補助的存在

 

・薬→効果と信頼性共に高い
という定義付けがされています。
内臓脂肪を落とす効果以前に、体質に合わない・個人差等があるので購入検討の際はご注意願います。

 

・薬(漢方)
生漢煎(防風通聖散)→口コミ評価・効果共に高い。脂肪を落とす目的で病院(主に臨床実験)でも使われています。
病院使用という時点で信頼性は高いのですが口コミでも「飲んだら脂肪が減ってシャープになった!」等の声が上がり年間ランキング上位です。
ただし便秘の改善にも使われているので、お腹を壊しやすい方は医師や薬剤師に相談してみましょう。

 

・サプリメント
ライオンのラクトフェリン、さくらの森のきなり→共に内臓脂肪を落とすサプリとしてネット上で有名、口コミリピート率も高めです。
きなりは青魚に含まれる脂肪燃焼率が高いDHA、EPAが大量に含まれているので、魚が苦手な方はこの商品を代用してはいかがでしょうか。

 

 

呼吸法で男性内臓脂肪の落とし方は?

呼吸法で男性内臓脂肪の落とし方は様々あります。腹式・片鼻・丹田・背筋伸ばし・骨盤呼吸法等があります。
呼吸法とは、有酸素運動と同じで酸素を取り込みながら行うので内臓脂肪燃焼に効果があります。

 

これを行う事により体の新陳代謝が活性化しますし、インナーマッスルを鍛えます。
新陳代謝が活性化しインナーマッスルが鍛えれらると、体内の内臓脂肪のエネルギーを消費し燃焼します。

 

この方法による内臓脂肪の落とし方の利点は、いつでもどこでも行えるという事です。筋トレや有酸素運動等と違って場所を原則選びません。
また、呼吸法というのは精神的にリラックスするという事も確認されています。
精神的にリラックスすれば体内の代謝は活性化されますし、ストレスによる早食いや過食を防止できます。

 

更に、この方法は体内の各機能が活性化するので肌が綺麗になるという事も確認されています。
但し、呼吸法による方法はインナーマッスルを刺激し、脂肪を燃焼させ男性の内臓脂肪を落とすという落とし方は、比較効果がマイルドです。

 

単独で当該方法を利用するのではなく、筋トレ・有酸素運動・食事の見直し・生活スタイルの改善等と組み合わせた方が、体についた男性の脂肪を落としくれます。

 

 

参考サイトを大紹介!

内臓脂肪を落とすためにどの方法が良いかというのは、かなり判断がしづらい部分があります。
人によって適したやり方が変わってくるためです。

 

個人的には、このサイトで紹介している方法の中でも、生漢煎を利用する方法が良いと思っています。
ご興味があれば、生漢煎を検討してみください。

 

生漢煎はお腹の脂肪を落とす働きがあると言われている防風通聖散という漢方を豊富に含んでいるのが特徴なので、口コミ情報を読んでも、その効果が一番多くつぶやかれています。

 

防風通聖散は、あのお昼の情報番組でおなじみの宮根誠司さんも、肉体改造してダイエットを行う際に使用したことでも知られる漢方ですので、試してみる価値はかなりあると思います。